良い物質

植物性乳酸菌の種類

乳酸菌はとても体に良いことで話題になることが多いです。
みなさんも毎日の食生活の中で必ず取り入れていることでしょう。
この乳酸菌のあるおかげで人間は健康を維持することができているといえます。
発酵食品に多く含まれているため、日本人にはとても馴染みの深いものなのです。
また、日本だけではなくて、世界中の国々でも利用されています。
乳酸菌がないと人間の食生活は大きく変化してしまうのです。

実はこの乳酸菌には動物性と植物性の二種類があります。
これらは利用する糖分の種類に違いがあるのです。
植物性の場合は植物由来の糖分をエネルギー源として増殖しています。
一方、動物性の場合は乳糖を養分としています。
したがって、乳製品は基本的に動物性乳酸菌なのです。
たとえばヨーグルトはその代表格でしょう。

一方で植物性は植物から得られるものであり、その商品は低カロリーでヘルシーなものがたくさんあります。
こちらは炭水化物を養分として増えていくタイプの乳酸菌となっています。
植物性の特徴としては色々な微生物と共生することができて、過酷な環境下でも生き延びることが可能です。

日本人には植物性乳酸菌の方に馴染みがあります。
たとえば、味噌や醤油などは植物性です。
他にはぬか漬けも同様です。
植物性はブドウ糖やショ糖、麦芽糖などをエサとすることができて、その種類は動物性のものよりも多く、200種類近くあるとされています。

韓国のキムチも植物性乳酸菌です。
日本人の体には植物性の方が適しているとされています。
本来、乳製品を食べる習慣がなかったため、動物性乳酸菌にはあまり接してきていないのです。
もし乳酸菌を取り入れた生活をしたいと考えているならば、植物性を選びましょう。
何も意識しなくても味噌汁を食べたり、醤油を使っているならば、簡単に摂取することは可能です。
それに加えて、漬物を食べるようにしたり、キムチを食卓に並べるなどの努力をしてみましょう。


このページの先頭へ