良い物質

乳酸菌を摂取するタイミングは?

乳酸菌には整腸作用があることはよく知られています。
この効果によって、お腹の弱い方は自分の体調を整えることができるでしょう。
実はその他にも色々な効果があることがわかってきました。
それらによって、健康やダイエット、美容に最適なものであることが知られています。
そんなさまざまな効果を乳酸菌から得るために、たとえば毎日ヨーグルトをたくさん食べるようにしている人は多いのではないでしょうか。
それによって、脂肪を燃焼したり、コレステロール値を下げることもできます。

しかし、ただ摂取するだけではいけません。
その理由は、きちんと腸にまで届かないと効果を発揮しないからです。
何も考えずにただヨーグルトなどの乳酸菌食品を食べているだけでは、無駄にたくさんの乳酸菌を殺してしまう結果となるでしょう。
それではいつまでたっても効果が出ることはないのです。
実はとても弱い菌であり、慎重に扱わなければいけないのです。

特に胃酸が大敵となります。
胃酸によって乳酸菌は簡単に死滅させられてしまいます。
そこで、摂取する際には食後が最も良いタイミングとなります。
食後には胃酸の影響が弱まっているため、乳酸菌はその時に生きたまま腸までたどり着けるようになります。

また、乳酸菌は生き物であるためエサが必要となります。
オリゴ糖や食物繊維が餌となるため、これらを多く含む食事をしましょう。
ですから、食後にヨーグルトなどを食べることが最も効率のよい摂取の仕方なのです。

乳酸菌は胃に存在する細菌であるピロリ菌にも効果があるとされています。
ピロリ菌はガンを引き起こす可能性のあるやっかいな菌です。
このような細菌にも効果があるため、非常に重要な細菌なのです。
単に腸が良くなるだけではなくて、命を救ってくれる可能性もあります。
そんな乳酸菌はできるだけ良いタイミングhttp://ambafrance-ethiopie.org/timing.htmlで摂取することを心がけましょう。
そして、できるだけ毎日続けることが大切です。
乳酸菌を食事などで積極的に摂取しましょう。


このページの先頭へ